ご予約・お問い合わせ

0358298791
営業日
火~金・土日祝
電話受付
12:00~21:00
休日
月曜

整骨院・接骨院の「保険治療」はどこまで認められるか?

 

 

〜整骨院・接骨院の「保険治療」について〜

 

「整骨院(接骨院)は保険治療で安くマッサージが受けれる」

そんな言葉を聞いたことがありませんか?

実は、それは大間違い。

整骨院(接骨院)は、病院や診療所と同様に3割負担で健康保険での治療を受けることができます。

ですが、整骨院(接骨院)では特定の怪我や症状に限り健康保険の適用が認められており、ただの肩こりや慢性的な腰痛では、健康保険での治療は認められていません。

そのため、本来なら保険治療の適用外にも関わらず、不正な保険請求を行っている整骨院(接骨院)も数多くあります。

 

 

 

 

〜整骨院・接骨院の保険適用範囲とは〜

 

整骨院(接骨院)は、国家資格である柔道整復師をもつ施術者により運営されています。

健康保険を使えるのは、「骨折・捻挫・打撲・脱臼」のみとなります。

例えば、ギックリ腰(正式な症状名は「腰椎捻挫」)など、急性の「捻挫」は整骨院(接骨院)では健康保険を使っての治療が可能となります。

急性ではなく、慢性的な腰痛の場合は健康保険を使って治療することはできません。

首や肩こりの場合も同様で、デスクワークなどからくる慢性的な肩こりなどの症状は健康保険適用外となります。

ですが、急な痛み(首の寝違えなど)の場合は、健康保険を使っての治療が可能となります。

 

 

 

 

〜整骨院・接骨院では例外的に「受領委任」が認められている〜

 

鍼灸院やあん摩マッサージの健康保険治療においては医師の同意書や診断書が必要になります。

鍼灸院やマッサージでの健康保険治療を「療養費」といい、医療費の全額をいったん患者様が支払い、医師の同意書や領収書などを添付した療養費支給申請書で申請し、健康保険に7割払い戻してもらう還付請求を行います。

 

整骨院(接骨院)では例外的に、医師の同意書や診断書は不要となります。

整骨院(接骨院)では患者様に代わって健康保険に請求する「受領委任」という方法が認められているためであり、患者様は委任状にサインを行うだけとなります。

ただし一つのケガに対し、他の病院や整骨院(接骨院)と併用して健康保険で治療を行うことはできないので注意が必要です。

 

 

 

 

〜健康保険から問い合わせがある場合も〜

 

整骨院・接骨院は病院や診療所と同様に3割負担で治療が可能なため、本来なら健康保険適用外の症状も健康保険で治療するといった不正請求を行う院もあり、問題になっています。

一部の健康保険では、整骨院・接骨院を利用した患者様に対して電話をかけて「どのような理由で治療を受けたのか」などを問い合わせることもあるそうです。

不適切な利用の場合はその費用は払わないこともあるといいます。

 

 

 

健康保険の財源も限られており、不正請求がこのまま続くと、本当に必要な人・必要なときに医療が行き渡らないという問題も出てきます。

整骨院・接骨院の経営側やスタッフはもちろん、患者様側も、法令順守した正しい知識が必要です。

必要な医療を、必要な人が平等に使える世の中を目指しましょう。