秋葉原でストレス性の症状に強く、女性から人気が高いと評判の整骨院です。

治療院RESET


疲れやすさ(脱力感・倦怠感)でお悩みの方へ

改善率100%!!疲れやすさ(脱力感・倦怠感)でお悩みの方も、ぜひご相談ください。

犬モヤモヤ.jpg

こんなお悩みはありませんか? 

  • 仕事が終わり家に帰ると、グッタリとして何もする気が起きない
  • 予期せぬハプニングがあると、後から強い疲労が襲う
  • 筋肉のコリやハリとは違う、身体の芯や内面から湧き上がるような疲労を感じる
  • しっかり寝ているハズなのに、朝起床するのが億劫で仕方ない
  • 疲れが溜まり、テンションが上がらない
  • イライラしやすい
  • 好きでもないのに、甘い物が欲しくなる
一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。
当院ならそのお悩みを改善できます!

とある患者様とのやりとり・・・

30代女性の患者様とのやりとりを、会話形式でご紹介いたします。

Q.どのような症状でお悩みですか?

woman.png患者様:いつも家に帰ると疲れてしまって、何かする気力も無くなってしまうことに悩んでいます。

Q.何をするにも億劫な感じ、身体の芯から疲れてしまう感じでしょうか?

woman.png 患者様:そうです。ひどいと週初めから、少なくとも週後半になると感じます。だから家に着いたら、シャワーを浴びてすぐに寝てしまいます。

Q.それはいつ頃から始まりましたか?

woman.png 患者様:社会人になってから少しずつ症状が強くなってきているように思います。

Q.なるほど。仕事に追われながらも、身体の為に毎日運動やケアをされていますか?

woman.png患者様:週に1,2回ストレッチを少しだけ、あるいはジムに行っています。毎日はやっていません。

Q.そのジム後は筋肉が疲れたというよりも、身体全体がグッタリしませんか?

woman.png 患者様:そうですね。最近はあまり筋肉痛にならなくて、ただ疲れてしまっているように感じます。

Q.ありがとうございます。今度は運動ではなく、睡眠や食事に着いてお伺いします。睡眠は寝つき、夜中頻繁に起きてしまう、前日の疲れが抜けず翌日へ溜まり続けるなどはありますか?

woman.png 患者様:寝ているのですが、朝起きると疲れが残る感じがあります。前日に飲み会があったり仕事が忙しいと、その傾向が多い気がします。

Q.食事ですが、食欲や空腹感の有無、美味しさを感じるか、下痢・便秘・ガス溜ま理・残存感などもお伺いしたいです。

woman.png 患者様:食欲や空腹感は有り、美味しさもしっかりと感じます。ガス溜まりは有り、トイレ後にも残存感はよくあります。

カウンセリングで感じた原因は...

これまでにお伺いしたお話から考えられる脱力感や疲労感の原因は、「運動不足」です。睡眠も寝ることはできているので問題なく、食事は食べることができているので問題ありません。しかし、睡眠の質が落ちていることで、1回の睡眠での回復力が低下しています。それは寝て、食べているのに、身体を動かさず、ただ仕事で疲れるだけの生活になっているからです。

仕事(家事)は運動になりません、あくまで身体を駆使してしまっているだけで健康とは少し違います。身体は毎日の疲労に備えて、「疲れているままならば、頑張らなくて済む」と思っているのです。

まずは施術でお身体を楽にして、家でできる簡単な運動をお教えしますので、毎日実践してみてください。
 

補足

今回の場合は、一番多い原因である運動不足を例としてご紹介いたしました。睡眠・食事・運動の生活習慣から身体の症状は様々に変化しますので、運動不足以外が原因である患者様もいらっしゃいます。

疲れやすい・脱力感・倦怠感は、生活習慣が原因で生み出される症状です。これらの症状は悪化すると、著明なネガティブ感、外に出るのも億劫になる。そしてイライラ感も併発します。

身体の機能低下であれば病気になったり健康診断で引っかかったりします。しかし疲労という状態は健康診断では対応外になります。見た目にも最初は変化が無い為、理解されず、悩み続けていた患者様が当院には多く来院されています。

健康の基本は、睡眠・食事・運動です。

【睡眠→食事→運動→睡眠→食事→運動→睡眠・・・】

という風に、睡眠・食事・運動のサイクルがとても重要です。3つの内どれか1つでもうまくいかない場合、そのゆがみが身体に現れます。

例:睡眠…×、食事…◯の場合

「睡眠が十分に取れていない、眠りが浅くて疲れが取れない。食欲はある。」という場合

・食事は油物、深酒などは避けるようにする。

・食欲や便通の問題が無い場合、運動をしなければ睡眠が妨げられてしまいます。しっかり食べられる状態ならば、筋トレなど運動を行って、覚えさせたい正しい筋肉の状態にして睡眠を取ることが大切です。

例:睡眠…×、食事…×の場合

「睡眠が十分に取れない(夜中に起きる、寝つきが悪い等)。食欲も無く、お通じも悪い。」という場合

・食事は1〜2日間お粥で過ごします。消化器系の回復を図る為に、消化の良い食事で最低限の働きのみにさせます。疲れている時に栄養素を多く取り込んでも、更に働かせることになるので逆効果です。

・運動は”睡眠×、食事×”の場合は筋トレなど身体に負担をかける行為は絶対に禁止です。同様に刺激の強い整体やマッサージなども、外からの刺激に該当する為、余計に身体を疲れさせます。運動と施術の可能なレベルとしては「身体がリラックスしている」と感じる程度に限ります。

患者様ご自身で睡眠・食事、そして運動の判断はとても難しいです。

しかし当院では患者様に個室で集中して施術することで、1つ1つの症状と原因や解決策を説明し、丁寧に施術をいたします。生きている限りは疲れや痛みが発生しますが、本当の問題は回復しない身体になっていることです。

当院が疲れやすさ(脱力感・倦怠感)からあなたを救います。

「患者様ご自身で痛みや辛さをコントロールできるようになること」が当院の施術者の治癒基準です。
施術で身体だけ良くしても、生活習慣から作られた症状は100%再発します。

当院では100%の患者様から「改善された!」とお喜びのお声をいただいております!
もう疲れやすさ(脱力感・倦怠感)が良くならないと諦めなくて大丈夫です。
当院にはそのお悩みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。

治療院RESETのご案内

住      所:
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-12-8 ディアビル神田601
アクセス:
都営新宿線「岩本町駅」から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
03-5829-8791
営業時間:
12:00~22:00
(※火曜日は12:00〜18:00)
休業日:
月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ